ゲーム、3DCG、パソコン、スポーツ、占いが大好きさ!! キリンさんが嫌いです、でもガノトトスはもっと嫌いです。 リンクフリー
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まずは基板から
2016年12月08日 (木) | 編集 |
中華製の3Dプリンターに付属されていた基板はこんなものでした。
0DSCF3536.jpg
この基板はすぐに壊れてしまったのですが、どうやらARDUINO MEGA2560と互換性があることがわかりました。ARDUINOはamazonで簡単に入手できるのですがARDUINOとステッピングモータ 制御板も必要なことがわかりました。中華に付属されていた基板はこの二つの組み合わせのカスタム基板らしいです。なのでこの基板を使うより簡単に入手可能なMEGA2560とステッピングモータ 制御板を使ったほうが故障したときの対応が簡単です。中華基板は入手が困難なうえに高いですからね。わたしは3DプリンターをMEGA2560で作りはじめました。



3Dプリンターでモンハンだー
2016年12月07日 (水) | 編集 |
モンスターハンターXXが3月に発売されるというニュースを聞き3Dプリンターでモンスター印刷したくなり作りました。以下がその作品です。
0DSCF3507.jpg
0DSCF3530.jpg
0DSCF3533.jpg
あー早くダブルクロスやりてー!!



はじめは中華のフレームで
2016年12月07日 (水) | 編集 |
使い物にならなかった中華製の3Dプリンターで、せめてフレームくらいは利用しようとがんばりました。しかし後になってフレームの歪みやベアリングの傷などで印刷物がゲタゲタになることがわかりました。ただこの失敗が教訓となってオリジナルの3Dプリンターはかなり満足いく印刷品質になりました。現在の印刷はこんな感じで実用に耐えます。
0DSCF3496.jpg


自作のすすめ
2016年12月07日 (水) | 編集 |
3Dプリンターを自作するのはある程度マイコンに詳しくないとできませんが、今ではネットを検索すればどうにかなります。高額なものを買っても印刷するものがラーメンの麺みたいにちりちりで出力されるのであればお金をドブに捨てるようなものです。そしてなにより故障でもしたら高額な料金を請求されてしまうでしょう。最近では3万円位のものが売り出されていますが、フェラメントが専用品でしかも高額だったりします。ホビーでちょっと使うのにそんなお金かけられませんよね。そんなわけで自作を成功したわたしはホビーで使いたいと思っている人には自作をお勧めします。


躓いた3Dプリンターたち
2016年12月06日 (火) | 編集 |
最初に詐欺にあってしまったのがメーカー・・・ Pirate 3D社(シンガポール)のBuccaneer(バッカニア)http://togetter.com/li/570190です。そのつぎが中華製のプリンターです。0DSCF3022.jpgこんなのが届いたんですが削った金属の粉がすごくて部屋が大変なことになりました。しかも組み立てていく最中に部品がポキポキと折れてしまうしまつです。0DSCF3026.jpg
これらがポキポキっと折れました。結局接着剤やテープで補修しましたが使い物になりません。販売元に連絡しても意味不明メールが来てまったく話になりませんでした。しかしこの中華製のプリンターを調べてみるとどうやらARDUINOという基盤で自作3Dプリンターを作ることができるという事がわかりました。そして自作すること決意しました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。