ゲーム、3DCG、パソコン、スポーツ、占いが大好きさ!! キリンさんが嫌いです、でもガノトトスはもっと嫌いです。 リンクフリー
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いまの子供たちが真剣に注目しなければならない
2011年01月19日 (水) | 編集 |
全日本年金者組合が提唱する 最低保障年金制度
これについての議論が与党でおこなわれています。もともと自民党時代に崩壊してしまった年金制度をどう変えていくかというものです。いまの年寄りのお話みたいに思われていますが、子供たちにこそこの問題を注目して欲しいです。最低限の生活ができていないお年寄りが沢山いるのを見ていずれ自分もこうなるのかと思うような社会は衰退してしまいます。逆に年寄りになっても社会が保障してくれるのであれば勇気を持っていろいろなチャレンジができると思います。社会保障が充実している公務員しか目指さない若者しかいない社会はなんの発展もしません。みんなで支えあっているという実感がもてる社会こそ発展すると思います。それに一番重要なのは消費が拡大することです。最低保障年金制度が通れば年金を貰っていなかった人が最低保障年金を消費してくれます。お金持ちがわざわざお金があって消費する割合が決まっているのとは違い消費したくてもできなかった人達が消費者に回ってくれるからです。いままで自民党が痛みに耐えて貧乏堪えろといってきましたが、もともと貧乏な人は痛んでいるんです。それを痛みに耐えてと言われても痛みに耐えられなかった貧乏人は死ねと言っているようなものです。社会保障のありかたは国を発展させるために絶対必要なものなので最低保障年金制度という社会保障は注目しています。いまの子供たちにもぜひ注目してもらいたいです。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。