FC2ブログ
ゲーム、3DCG、パソコン、スポーツ、占いが大好きさ!! キリンさんが嫌いです、でもガノトトスはもっと嫌いです。 リンクフリー
Smoother効果ありますね
2020年09月20日 (日) | 編集 |
2号機で使ってみて効果を実感しました。印刷中の揺れがかなり減りました。音についても少し小さくなったような気がします。
IMG_20200920_162328_.jpg


コントロールボードの紹介
2020年09月20日 (日) | 編集 |
一号機で使ってたARDUINOです。安くて入手しやすいです。
IMG_20200920_162116_.jpg
2号機で使ってたMKS GEN V1.2です。1.4がどこかにいってしまいました。多分そのうちコロッと出てくるでしょう。MKS GEN V1.2は安定していていい基板だと思いました。
IMG_20200920_162137_.jpg
BIQUのRUMBAです。激安で手に入れました。押し出し機を3つ使えるので良いのですが、資料不足で設定が大変でした。3号機プロトタイプで使ってます。もう一つ残念なのが標準でタッチパネルを取り付けられません。無理やり取り付けてる動画がYouTubeにアップされてました。ボードが壊れそうなので私は改造しないと思います。
IMG_20200920_162154_.jpg
RUMBAのつぎにでたTAMGO1.0です。このボードはまだテストしていません。
IMG_20200920_162210_.jpg
SKR PRO Ver1.1です。このボードもまだテストしていません。4号機で使おうと思ったのですが、このボードはARDUINOでコンパイルできないし、いちいちファームウェアのバイナリーをマイクロSDに書き込まなければならないので不便です。ただ押し出し機は3つ制御できるし液晶も改造なしで使えるのでメンデル型を作るときに使うと思います。
IMG_20200920_162256_.jpg
HICTOP Prusa I3 です。2号機で使っています。モータードライバが付いてるボードでコスパ良いのですが、モータードライバが高温になりますので注意が必要です。
IMG_20200920_162342_.jpg

コントロールボードをいろいろ試してみてどれが一番自作に向いているか勉強になりました。実際に組んでみないとできない経験をしたのでこれからは自信をもって新型を開発していきます。







三号機紹介
2020年09月18日 (金) | 編集 |


自作二号機お披露目
2020年09月14日 (月) | 編集 |


自分なりの3DPRINTERの見解2
2020年09月14日 (月) | 編集 |
熱溶解積層法の3DPRINTERは主に2種類のタイプに分かれます。デルタ型とメンデル型があります。一般に普及してるのはメンデル型でフレーム型やボックス型などもメンデル型と同じ分類に含まれますね。どれもX軸Y軸Z軸で移動しながら樹脂を積み上げて形を作ります。デルタは3本の軸を移動しながら樹脂を積み上げて形を作ります。どっちにもメリットとデメリットがあります。大雑把に言うと以下のようになります。

デルタ型
メリット       印刷の際に土台ではなくアームだけが動くので大きな重量のあるものでも印刷できる。
デメリット      調整がちょっと手間がかかる。重いヘッドが使えない(オートキャリブレーションはあるけど微妙にずれる)

メンデル型
メリット       印刷ヘッドが重くてもいいのでミックス印刷用のヘッドを付けてもそんなにブレない。
デメリット     土台が前後に動くため騒音や積み上げていくにつれてブレたりする確率が高い。

もっといろいろとありますが、自分が感じたメリットデメリットがこんな感じですね。


自分なりの3DPRINTERの見解
2020年09月14日 (月) | 編集 |
3D PRINTERには個人で手に入れられるもので、大きく分けて2タイプのものがあります。一つは一般的な熱溶解積層法と光造形です。熱溶解積層法はPLAやABSを溶かして積み上げて作るものです。光造形は紫外線を当ててレジンを固めていきます。どっちも良いところ悪いところがあります。熱溶解積層法のプリンターにはデルタタイプとメンデルタイプがありますが、これもまたどっちも利点欠点ありますね。大雑把に示すと以下のようになりますね。

熱溶解積層法は 材料が安い             光造形は材料が高い。
熱溶解積層法は 造形物がけっこう凸凹する    光造形は造形物が綺麗。

最近ではレジンも安くなり始めてますが、やっぱり趣味のレベルでは高いですね(笑)




ガラスの靴もどき
2020年09月13日 (日) | 編集 |
2号機の性能評価でガラスの靴を作ってみました。
IMG_20200912_181654.jpg
2_181654.jpg
足のサイズが25くらいの人なら履けるけど、バリとってないので素足だと痛いよ(笑)(笑)


3D PRINTER現在と目標
2020年09月13日 (日) | 編集 |
現在自作が完了しているもの
1号機改良  デルタ 単色印刷   印刷サイズ 幅20センチ 横20センチ 高さ25センチ

1号機改良  デルタ 単色印刷   印刷サイズ 幅20センチ 横20センチ 高さ25センチ

2号機  デルタ 単色印刷   印刷サイズ 幅32センチ 横32センチ 高さ30センチ

改良 2号機  デルタ 2色印刷

3号機 デルタ 3印刷   印刷サイズ 幅20センチ 横20センチ 高さ25センチ

今後の予定
メンデル型  3印刷   印刷サイズ 幅20センチ 横20センチ 高さ25センチ

1号機 デルタ 16印刷   印刷サイズ 幅20センチ 横20センチ 高さ25センチ

2号機改良  デルタ 16印刷   印刷サイズ 幅32センチ 横32センチ 高さ30センチ

どんどん実用性を上げていきます。そして随時ユーチューブにもアップしていきます。




最近の本について
2020年09月13日 (日) | 編集 |
このまえ何かの参考になるかなと3D PRINTERを自作する本をかいました。読んでみてガッカリ。ただのカタログですね。自作と書かれてるからMARLINなどのファームウェアについての解説を期待してたのに技術面は何も書かれていませんでした。こんなものでカタログで3千円もとるんですから詐欺と言っていいレベルです。真面目にプリンターを作りたいといった人裏切っています。お金を取るならちゃんと3D PRINTERが出来上がってるものを書いてほしいです。


めっちゃ可愛い
2020年09月10日 (木) | 編集 |
2号機のプリンターの印刷テストでカービー作ったら、あまりにも可愛すぎた(笑)(笑)
IMG_20200910_1710042.jpg


3D PRINTERの落とし穴
2020年09月08日 (火) | 編集 |
最近アマゾンとかいろいろ3D PRINTERが出回っていますが、私は買って失敗した経験があるから言えますが、安いからといって安易に買ってはいけない代物です。キットでは自分で作る手間があるだけでなく部品がそろってなかったり壊れてたりします。また高額な機種を買っても置く場所に困ったり消耗品や部品が高額だったりします。私は失敗した経験から自作に走った訳ですが売っている機種より全然機能が高い物が作れたりスキルがついたので良かったです。お金持ちであればどうでもいいでしょうが、庶民にとってはすぐ故障してしまっては痛い出費ですよね。だから庶民は自作をすることをお勧めします。これからユーチューブに自作した機種でいろいろなものを作る動画アップしていこうと思います。


躍進続ける
2020年09月08日 (火) | 編集 |
3Dプリンターを設計し続けて完璧に動くものを多数つくりました。第一号は20センチ×20センチのものでしたがすぐにこのサイズでは自分が作りたいもののサイズが足りない。そして2号機は30センチ×30センチの物が作れるように設計しました。大きい物が作れるのは良いのですが単色では味気ないので三号機は2色印刷の出来るものに改良しました。2色ではやっぱり色が足りないと4号機で見事三色印刷に成功しました。次回は三原色を活用して16色まで使えるょうにしたいと思います。作ったマシンはYouTubeの北町エレキテルに随時アップします。