ゲーム、3DCG、パソコン、スポーツ、占いが大好きさ!! キリンさんが嫌いです、でもガノトトスはもっと嫌いです。 リンクフリー
まずはパーツ作り
2016年12月14日 (水) | 編集 |
なんとか中華製プリンターを使えるようにして3Dプリンターのパーツを作れるようにしました。パーツはamazonでも買えるのですが、ただのプラスチックパーツのセットが1万4千円もするのはぼったくりです。なので私は多少不具合があってもプラスチックパーツは3Dプリンターで自作しました。パーツの3DデータはYEGGIのサイトにも載っていますが、自作用のためのSTLファイル(3Dプリンターで印刷するデータファイル)を自作しました。


こうして支度は整った
2016年12月10日 (土) | 編集 |
0DSCF3547.jpg
これが組み立て完了したARDUINO MEGA2560です。
0DSCF3541.jpg
これが中華フレームを利用して組み立てたデルタ型3Dプリンターです。
0DSCF3544.jpg
中華に付属されていたACアダプターはすぐに壊れたので良さそうな電源をamazonで購入しました。

意外にも簡単に動いてしまったので、これならオリジナルを作ったほうが良いのでは?と思い部品を探して完全オリジナルの3Dプリンターを作る決心をしました。




3dプリンターのタイプ
2016年12月09日 (金) | 編集 |
3Dプリンターには(ホビー向けの)主に二つのタイプがあります。メンデルとデルタというやつで私が作ったのはデルタです。MEGA2560に書き込むプログラム(ファームウエア)はどちらの制御もできるのでデルタかメンデルかは印刷するときのソフト側で設定します。3Dプリンターの印刷制御をするソフトは沢山ありますが、わたしはCura 15.04を使っています。

MEGA2560&RAMPS 1.4 互換 コントローラ
2016年12月09日 (金) | 編集 |
amazonから買ったばかりの基板にはなんのプログラムも入っていないので、https://www.arduino.cc/en/Main/Softwareここからプログラムを書き込むソフトとhttps://github.com/MarlinFirmware/Marlinここからプログラムをダウンロードします。忘れていましたがLCDコントロールパネルとステッピングモータドライバモジュールも必要です。その他基板以外に必要なものが多数ありますが、とりあえずここでは基板にプログラムを書き込む作業が必要なんだと思ってください。これさえできればほぼ問題なく3Dプリンター動かす重要な作業の一つが終わります。


まずは基板から
2016年12月08日 (木) | 編集 |
中華製の3Dプリンターに付属されていた基板はこんなものでした。
0DSCF3536.jpg
この基板はすぐに壊れてしまったのですが、どうやらARDUINO MEGA2560と互換性があることがわかりました。ARDUINOはamazonで簡単に入手できるのですがARDUINOとステッピングモータ 制御板も必要なことがわかりました。中華に付属されていた基板はこの二つの組み合わせのカスタム基板らしいです。なのでこの基板を使うより簡単に入手可能なMEGA2560とステッピングモータ 制御板を使ったほうが故障したときの対応が簡単です。中華基板は入手が困難なうえに高いですからね。わたしは3DプリンターをMEGA2560で作りはじめました。



3Dプリンターでモンハンだー
2016年12月07日 (水) | 編集 |
モンスターハンターXXが3月に発売されるというニュースを聞き3Dプリンターでモンスター印刷したくなり作りました。以下がその作品です。
0DSCF3507.jpg
0DSCF3530.jpg
0DSCF3533.jpg
あー早くダブルクロスやりてー!!



はじめは中華のフレームで
2016年12月07日 (水) | 編集 |
使い物にならなかった中華製の3Dプリンターで、せめてフレームくらいは利用しようとがんばりました。しかし後になってフレームの歪みやベアリングの傷などで印刷物がゲタゲタになることがわかりました。ただこの失敗が教訓となってオリジナルの3Dプリンターはかなり満足いく印刷品質になりました。現在の印刷はこんな感じで実用に耐えます。
0DSCF3496.jpg


自作のすすめ
2016年12月07日 (水) | 編集 |
3Dプリンターを自作するのはある程度マイコンに詳しくないとできませんが、今ではネットを検索すればどうにかなります。高額なものを買っても印刷するものがラーメンの麺みたいにちりちりで出力されるのであればお金をドブに捨てるようなものです。そしてなにより故障でもしたら高額な料金を請求されてしまうでしょう。最近では3万円位のものが売り出されていますが、フェラメントが専用品でしかも高額だったりします。ホビーでちょっと使うのにそんなお金かけられませんよね。そんなわけで自作を成功したわたしはホビーで使いたいと思っている人には自作をお勧めします。


躓いた3Dプリンターたち
2016年12月06日 (火) | 編集 |
最初に詐欺にあってしまったのがメーカー・・・ Pirate 3D社(シンガポール)のBuccaneer(バッカニア)http://togetter.com/li/570190です。そのつぎが中華製のプリンターです。0DSCF3022.jpgこんなのが届いたんですが削った金属の粉がすごくて部屋が大変なことになりました。しかも組み立てていく最中に部品がポキポキと折れてしまうしまつです。0DSCF3026.jpg
これらがポキポキっと折れました。結局接着剤やテープで補修しましたが使い物になりません。販売元に連絡しても意味不明メールが来てまったく話になりませんでした。しかしこの中華製のプリンターを調べてみるとどうやらARDUINOという基盤で自作3Dプリンターを作ることができるという事がわかりました。そして自作すること決意しました。



3dプリンター事情
2016年12月06日 (火) | 編集 |
3Dプリンターは残念なことにアメリカや中国と比較して物凄く遅れていますね。その原因の一つはニュース「マイナスイメージしかとりあげてない」の影響だと思います。それとドローンや3Dプリンターや人工知能などを正しく理解している人が企業や政府民間にあまりいないことだと思います。PCのOS戦争で日本がマイクロソフトに負けてしまったのと同じ事を繰り返そうとしてますね。アメリカではもう4歳の子がホビー用の3Dプリンターで5色印刷できる3Dフリンターで印刷してるというのにね。ドローン3Dプリンター人工知能はいずれ未来にリンクするでしょう。そのこのころの日本は負け組みなのだろうか勝ち組なのだろうか。


それなら自分で
2016年12月06日 (火) | 編集 |
はじめは3Dモデリングしたデータを印刷して見たいという思いから3Dプリンターを購入しようとしただけだっんですけどね。信じられないくらいの躓きがあって、それなら日本製を購入しようとも思いましたが見学したら使い物にならないという事が判りました。ええーいそけなら自分で造ってしまえ!!と思い自作することにしました。・・・・・・・・・それが意外というかなんというか苦労の甲斐あって成功したんですよね!! ブログでそこらへんのところを長々と書いていきたいと思います。


二回目の躓き
2016年12月05日 (月) | 編集 |
二回目の躓きは中華製のを買ってしまったことです。これがひどい品物で金属の研磨後の金属粉が一緒に入っている工場で削ったまんまの部品と、すぐに折れてしまったプラスチック部品で構成されたものでした。最初だけ組み立てに成功したのですが、アダプターが焼けたり部品が壊れたりとまともに動くものではありませんでした。挙句の果てにボードが不良になり完全に使えなくなりました。



はじめから躓き
2016年12月05日 (月) | 編集 |
5年前くらいにネット注文で特売の3Dプリンターを買おうとしたのが躓きの始まりでした。一年たっても商品が届かずどうやら詐欺にあってしまいました。なんとかお金を取り戻そうとしましたが結局お金は戻らずamazonギフトで同じ金額を返してもらいました。私以外にも沢山被害にあった人がいたみたいで掲示板はその書き込みすごかったです。これが第一番目の躓きです。


3D プリンターだ
2016年12月04日 (日) | 編集 |
2年前くらいに中華の3Dプリンターを買いました。しかしまったく使い物にならず無駄金となってしまいました。あまりに腹が立ったので色々と独自に研究して自作の3Dプリンターを完成させましたwwww 暇をみて中華の詐欺プリンターのことや自作のことなど書いていこうかなと思っています。  あー、それとMHXもやっているのでモンハンのことこもまた書こうと思います。